| top | 推定樹齢300年の仮御樋代木伐採 長野・上松 >>

旧尾張藩御用林 ヒノキ切り出し 長野・上松

2006年(平成18年)8月22日(火曜日)中日新聞 夕刊
旧尾張藩御用林 ヒノキ切り出し 長野・上松
本丸御殿復元 機運よ高まれ
名古屋まつりで展示

旧尾張藩御用林 ヒノキ切り出し 長野・上松

名古屋市が復元を目指す名古屋城本丸御殿の柱に使う木曽ヒノキを切り出す「斧(おの)入れ行事」が二十二日、尾張藩が御用林としていた長野県上松町の小川入国有林であった。
 尾張藩は江戸時代、長野県木曽地方の山林を御用林として管理。切り出したヒノキを名古屋城や本丸御殿の建築に使ったとされる。斧入れ行事は、復元に向けた機運を盛り上げようと、伊勢神宮の式年遷宮にならって企画。松原武久市長や尾張徳川家二十二代当主の徳川義崇さん、見学ツアーに参加した市民ら約七十人が見守った。
 松原市長は推定樹齢約三百年、高さ約三十メートル、直径約六十センチになる天然ヒノキを前に「御殿復元のための御用材調達の第一歩が記される」とあいさつ。その後、白い作業着に身を包んだ地元上松町などの職人たちが「三ツ紐伐(みつひもぎ)り」と呼ばれる伝統の技法で、三方から力強く斧を入れていった。
 一時間ほどして、ヒノキは地響きをたてながら山の斜面に倒れた。松原市長は切り株の中心に伐採したヒノキのこずえをさして山の神に感謝した。切られた木は、十月の名古屋まつりで市内に立てて展示される予定。
nagiso | その他の活動 | 13:28 | - | - | - | - |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH