<< 柴原薫「第一回 森中八策の集い 〜奇人・変人・山バカの会〜」のご報告 | top | 柴原薫「京都の醍醐寺と北野天満宮に行ってまりました」 >>

柴原薫「三階建て木造集合住宅(大田区北千束)の秘話と願い」

昨年の春に、鍵山秀三郎相談役(日本を美しくする会・トイレ掃除に学ぶ会)から、
昼ごはんご一緒しましょう! と御誘いうけ、世田谷区池尻の鍵山事務所近くで、
洋食屋で御馳走になりました。

相談役から、
「元イエローハット本社が在った近くに土地を購入するので、
 木造三階建て賃貸住宅を建てられますか?」
私(柴原薫)の生き方として、都会のど真中ですが、木造で造りたいのです。

建具屋はアルミサッシに勝てず、桶屋はプラスチックに勝てず、
左官屋はクロスに勝てず、職人の技術を生かせる現場が無くなりました。
木造も新壁工法が主力で日本の木の美しいさを生かす現場が無くなり、
全ての職人が下を見て生きてる中で、空を見て、
胸張って生きられる仕事(現場)を求めていました。

「是非、チャレンジさせてください」と即答しました。

施主は鍵山幸一郎(ご長男)さんの(株)幸栄企画です。
賃貸業務するので、メインバンク紹介の
大手ハウスメーカーが既に見積出しているので、
その金額内に合わせました。

2017年6月22日 地鎮祭
2017年9月1日 上棟式

2018年4月1日 内覧会(80名)
約9ヶ月の工事でした。

全室が木曽桧の木製浴槽、 キッチンは地元の家具屋の木製キッチン、
テレビ台も下駄箱も、家具屋(岐阜県中津川市の有限会社然 代表取締役内木勇)の手造りです
壁は名古屋市北区の友人の左官屋(株式会社 漆喰九一)が漆喰施工しました。

漆喰とは、石灰岩が主成分ゆえ、耐火性にすぐれ、
火災の際に燃えず有毒ガスが発生しない。
消臭作用にすぐれ、静電気を帯びないので汚れにくい。
抗菌性でph13アルカリ性を保ち、カビや雑菌が繁殖しない。

外壁は、木酢液と鈴鹿墨(鈴鹿市で13軒、在った墨屋が、今は一軒)の
混ぜ合わせ煮て開発した杉の黒壁です。

鈴鹿墨:墨匠 株式会社亀游庵 代表取締役伊藤亀堂
防腐防虫にすぐれ、耐用年数長い自然素材の壁です。

床は南木曽の植林した桧に博多の友人が開発した
ガラスコーティングをしました。
(株式会社スマートコート 代表取締役大島康正)

裸足で歩いて頂ける床ですが、
汚れはやはり配慮せねばなりませんからね。

また、幸一郎さんからは、入居した方々が元気になり、
若返り、変な病は家に帰ったら治る住宅にして下さいと
依頼されておりました。

完成時に鍵山秀三郎相談役からは、
3階の梁(樹齢200年の木曽桧)のなぐり加工と
階段に使った国産の栗材のなぐり加工を
大変お気に召して頂きました。

ただ、滋賀県の鍛冶屋に依頼した鋳物製の入り口扉は重く、
入居者の経過しだいで、作り替えるかもしれません。

昔ながらの鍛冶屋の技術め生かしたいと私は思ったのですが、
やはり細かい配慮が、足りませんでした。

まだまた、力不足ですが、多くの友人の応援が在ったからこそ、
完成した木造三階建て住宅でした。



nagiso | 木曽は山の中新聞 | 12:00 | - | - | - | - |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH