<< 柴原薫「月に森をつくるミッション!」 | top | 『「本末転倒の林業政策 山を丸裸にする補助金の危うさ」を読む。柴原薫 』 >>

今からでも間に合う『広大地贈与』」(東京アプレイザルニュース平成29年12月1日 No.267)

いつもありがとうございます。
今週もメールマガジン【木曽は山の中新聞 第343号】をお届けいたします。


少しでも多くの方に日本の森、林業、住宅業界について知っていただこうと思い、
ほぼ「木」の付く木曜日にメールマガジンを発行しております。
その他、おすすめイベントも紹介しております。

                南木曽木材産業(株) 柴原薫

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ 木曽は山の中新聞 第343号 【2018年01月18日(木)】
□■----------------------------------------------------------------
南木曽木材産業(株)柴原薫 http://nagiso.co.jp/

            ≪ 目次 ≫

[ 1 ]「今からでも間に合う『広大地贈与』」(東京アプレイザルニュース平成29年12月1日 No.267)

[ 2 ]南木曽・山からの贈り物本舗「曲がったカーブが美しく、使いやすい万能木べら!」

★心を込めた木製品専門店
『南木曽・山からの贈り物本舗』 → http://nagiso.shop-pro.jp/
----------------------------------------------------------------

私が船井総研の元役員の三上元さんから、
ご紹介頂きました、不動産鑑定士の芳賀則人社長の
興味深いニュースご案内いたします。

三度お世話になっている心温かい不動産鑑定士です。柴原

[ 1 ]「今からでも間に合う『広大地贈与』」(東京アプレイザルニュース平成29年12月1日 No.267)

話題は今年限りの「広大地」です。
お陰様で、弊社には相続時精算課税制度を使った
広大地贈与の問い合わせが殺到しています。

地主さんにとって来年以降の相続は大増税です。
500平方メートル以上の土地の評価は最低でも25%アップ、
5,000平方メートル以上だと70%アップになります。
これを今年中に子や孫に生前贈与させようということです。
もちろん、現行の広大地に該当するかどうかのチェックは必要です。

ある90歳のお客様の例です。
2,800平方メートル以上(駐車場)と3,000平方メートル以上自宅敷地)
二ヶ所の土地と贈与するかしないかで、
今年と来年以降では税額が約1億4,000万円の差が出ます。
贈与契約(確定日付を取り)を今年中に結んでおけば、
登記は1月中に行えばよいそうです。
詳細は顧問税理士さんの意見を聞いてください、
当然、特定の人に贈与するので他の相続人との調整も必要です。
それと、目先の贈与税や登録免許税、不動産取得税、
来年からくる固定資産税も押さえて下さい。

【生産緑地2022年問題】
生産緑地法という法律があります。
平成4年に主として三大都市圏において原則500平方メートル以上以上の農地において、
農業を続けるか宅地化するかの選択を迫られました。
農業をするのであれば、生産緑地の指定を受け、
固定資産税は実質宅地化の100分の1程度に抑えられます。
ただし、農業従事者(おじいさんかお父さん)が介護5とか
半身不随とかの身体障碍者か、亡くならない限り生産緑地を解除できません。
死ぬまで農業を続けます。つまり、アパート・マンション建築不可、売買もできません。
この時、農家は悩みました。農協は当然、農家に生産緑地を選ぶように指導しました。
これが、全国で4,066万坪、東京で997万坪、1都3県で2,312万坪の生産緑地の指定を受けました。
これを受けると納税猶予(父が死んでも相続税の支払いがほぼゼロ)の適用も可能です。

ところが、これは30年の期限付きです。2022年にはこの法律が切れることになり、
生産力緑地の解除申請が出来るのです。もちろん続けることも可です。
しかし農家の長男でそのまま農家を続ける人はどれだけいるでしょうか。
ずっとサラリーマンだった人が農業をするでしょうか?

つまり生産緑地を解除して自由に宅地として有効利用するか、
売買して現金化するかにはなるはずだとの、不動産、建築業界の見立てです。
すぐに売りにはなりませんが、間違いなく供給圧力にはなります。
つまり今でさえ人口減少と空き家問題で大変なのに、
宅地化が進むと地価下落につながる恐れがあります。
だから「早めに何らかの対策を」と業界はこぞって我が社をPRしています。
(うちもその1社かも)。
いずれにせよ、大きな社会問題になることは確実です。
それが5年後には確実にやって来ます。

株式会社東京アプレイザル 不動産鑑定
TEL:03-3208-6271 FAX:03-3208-6255 メール:tap-info@t-ap.jp
◆土地評価、路線価評価等、なんでもご相談ください

ーーーーー
発行/株式会社 東京アプレイザル
東京都新宿区高田馬場1-31-18 高田馬場センタービル3F
TEL: 03-3208-6271   FAX:03-3208-6255
URL: https://t-ap.jp/  E-mail: tap.info@t-ap.jp
文責/代表取締役  芳賀則人 一般社団法人相続知識検定協会代表理事
ーーーーー


[ 2 ]南木曽・山からの贈り物本舗「曲がったカーブが美しく、使いやすい万能木べら!」

★☆★新商品★☆★
◆おすすめ その1◆ 軽くて持ちやすい「ヒノキの角菜箸」
http://nagiso.shop-pro.jp/?pid=67245837

(お客様の声)
持ちやすくて滑らないさいばしです。 おうどんでも、何でも確実に挟めます。
「こんな、さいばしが、あれば!?」と普通の長さのひのき箸を使いながら思っていました(・ω・)
ちょっとしたお使いもの(粗品)にも、良くて差し上げた人もとても使い勝手が良くて、
香りも良いと喜ばれています。使って良くて、差し上げて喜ばれ、そんなさいばしです。広島県P様より

【サイズ】約33長
【材質】木曽ひのき
【製造・販売】南木曽木材産業(株)
※こちらの商品は、4膳までクロネコヤマトメール便(送料全国一律210円)での発送が可能です。


◆おすすめ その2◆ 麺類やパンの生地打ちにも使える「手こね寿司桶」
http://nagiso.shop-pro.jp/?pid=30530880

木曽さわらの厳選された柾目材のみを使用しております。
寿司ご飯を作るのに、木製(さわら)の寿司桶は、最適です。

その理由は・・・

1.吸水性が抜群
(炊き立ての寿司ご飯の水分を吸って、サラッとしあげてくれます。)
2.通気性が良く保温力が高い
(最初の味を落さないで長時間持たせます。)
3.耐水質性と、耐酸性が高い
(品質はいつまでも変わらず、耐久性もあります。)

(お客様の声)
この度は、優れものの木のグッズを贈り物にさせていただき、ありがとうございました。
結婚祝いにプレゼントした友人に昨夜無事届き、品質の良さに驚いていました。
そして、実家のほうでは、寿司桶もさることながら、まな板と美しいへらに感動が。
本当に素敵な商品を、ありがとうございます。
神奈川県O様より

◆おすすめ その3◆ 曲がったカーブが美しく、使いやすい万能木べら!
http://nagiso.shop-pro.jp/?pid=42099922

《お客様の声》
とても使いやすく、手になじむので気に入って使っています。
フライ返しのようについているカーブが美しく、
引き出しを開けると木べらが「私を選んでお料理してちょうだい!」
とささやくのでつい手にとってしまいます。
(娘が、デザインとはこうゆうもんだといつも言っていますが)
へらでありながら(普通、へらは平面ですが)、
このへらの特徴ともいえるカーブが鍋と木べらのなじみよくさせ、
底の平らなお鍋でも、中華なべでもその鍋のために作られたかと
錯覚してしまいます。

《材質》野球のバットにも使用される丈夫な"タモ"について
北海道、本州北・中部、また中国、シベリアにも分布します。
なかでも、北海道は産地としてよく知られ、その代表的な木材のひとつです。
木目は直通で美しく、家具、建具材、化粧単板など幅広い用途に使われます。
また、重硬且つ弾力性に富んだ性質のため、
バットやラケットなど運動用具としても重用されます。

★☆ご意見、アドバイスは、下記までお願いします。
【お便り】→ info@nagiso.co.jp

《お願い》
このメルマガを読んで気に入っていただけましたら、
お友達にぜひお勧めください。このメルマガを
転送していただければ、文末に登録フォームがございます。

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ 最後までお読みいただき、誠にありがとうございました!
□■----------------------------------------------------------------

◆◇ 【木曽は山の中新聞】発行◇◆

南木曽木材産業株式会社
南木曽建築株式会社

効率や採算性が重視される時代になっても、私たちは頑なに、
家づくりのすべてを提供しております。なぜなら、これが一番、
お客さまに安心していただけるからです。植林して、間伐し、
製材して、家を建てる。すでに私たちは五十年近く、同じことを
続けております。家は一生の財産。お客様の夢を、柱一本から
実現できることが、私たちの誇りです。

代表取締役 柴原 薫
info@nagiso.co.jp

[柴原のブログ] http://blog.nagiso.co.jp/

〒399-5302 長野県木曽郡南木曽町吾妻1187
TEL/0264-57-3044 FAX/0264-57-2006
www.nagiso.co.jp


■□----------------------------------------------------------------
□ 今後ともよろしくお願いいたします。
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
nagiso | 木曽は山の中新聞 | 12:19 | - | - | - | - |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH