<< 柴原薫「伊勢神宮の御神木の杣人からの皇室継承問題を考えたい!」 | top | 「株価と国民の幸せ」(安心と信頼の秋川会計事務所便り_2017年12月) >>

「日本の斧に刻まれた筋の深い意味」(地球の鼓動・野草便り 生活の中の木 : 大摩邇より)

日本の斧には、木こりが木を伐る時に
お祈りをするための、3本の筋が刻まれているのを
教えていただいたことがあります。

お神酒を意味していて、木を伐る前に斧を立てかけて祈るための
3本筋なのだとか。

また、インターネットで調べると
4本筋もあり、こちらは太陽、土、水、空気を
表すそうです。

4本筋をヨキ(木を育てる4つの気)、
3本筋をミキ(神酒)と呼び、山の神様へ感謝と
木を伐る許可と安全を祈るとか。

(地球の鼓動・野草便り 生活の中の木 : 大摩邇より)

<追伸>
斧によっては刃先を左に向けてみた時、
表に3本裏に4本の線が彫られている物もあります。
これは三を四ける(身をよける)という意味合いがあり、
作業をする人の安全を祈願する為に彫られているそうです。
nagiso | 木曽は山の中新聞 | 09:25 | - | - | - | - |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH