<< 柴原薫「南玉垣鳥居建替工事」の記録映像のご紹介 | top | 柴原薫「なぜ神社に鳥居が建っている?(「日本の神様と神社の謎99」イースト新書)」 >>

柴原薫「11月8日 春日大社の御交替に参列」

11月8日、春日大社の御交替に参列しました。
藤原鎌足の血をひく方でないと宮司になれないと聞いており、
1200年以上続いている造替です。

ちなみに伊勢神宮は式年遷宮と呼ばれますが、
春日大社は式年造替(しきねんぞうたい)と呼ばれております。
以下、ご参考にしてください。

写真は、花山院 宮司のお言葉と直会の なだ万のお弁当です。
写真撮影は、禁止ゆえ、残念ですが、この写真で、お許しください。

ーーーーーー
『平成27・28年 春日大社 第60次 式年造替(しきねんぞうたい)』

(20年に一度執り行われる社殿の修築大事業)
春日大社は今からおよそ1300年前、日本の国の安泰と
国民の幸せを願い、御蓋山のふもとに壮麗な社殿を造営し、
四柱の尊い神々をお祀り申し上げたのが始まりです。
以来、世界遺産に登録された30万坪の境内は古代さながらに
自然が保たれ、清々しくも尊厳な国宝・春日造りの御本殿で
神々様が広大無辺なる御神徳を発揮されているのは、
式年造替(しきねんぞうたい)という儀式が行われてきたからです。

 この儀式は、神さまがお鎮まりになる神殿や、
神さまの御料で御殿の中にお納めをする御神宝などを造り替え、
御修繕を行うことによって、御神威のさらに若々しく力強い
ご発揚を願う、日本人固有の信仰に基づいて行われるものであり、
当社では創建以来ほぼ20年毎ご奉仕されてきました。

今次造替は平成19年の一ノ鳥居より始まり、
平成28年の御本社御本殿の正遷宮をもって完了する予定です。

※出典:春日大社ホームページより
ーーーーーー




nagiso | 木曽は山の中新聞 | 09:14 | - | - | - | - |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH