<< 柴原薫「国民総幸福論の国 ブータン紀行 その2」 | top | 明治神宮 南神門 >>

柴原薫「国民総幸福論の国 ブータン紀行 その3」

ブータンには、お墓がありません。
魚葬儀・鳥葬儀・土葬・火葬の順番で尊ばれ、
自然に帰るという仏教なのでしょうか?
自らの肉体を他の動物や微生物に捧げれることを尊びます。

そう言えば、月に行ったウサギは自らを食べてもらうために、
火の中に飛び込み、それを寸での処で聖者が助けて月に連れていったため、
月には、ウサギの影が在るという、お話がありましたね。

ブータンは、お墓の代わりに写真のような旗を立て
そこに親族が手を合わせるそうです。

ただ、一部の裕福な方がそうされるので有って、多くの方々は、ナニも残さない!
形あるモノではなく、心に旅立った魂が、残り、繋いでいくのかと、
畏敬の念いで、旗を眺めていました!

さて、帰国近くなり、お土産にブータン松茸を買うことになりました。
(※写真ご覧下さい)
長野県産に負けない好いのが、一キロ 一万一千円でした。
5キロ、5箱買いました。空港で受け取ったのですが、機内持ち込みは大変です!

でも、荷物と一緒に預けられ、一安心しました。
帰国し、差し上げた方々は今年は日本は、松茸が不作らしく、感激されました。

次回は、ブータン紀行のラストで、
養老孟司先生に大風呂敷拡げてきました。

勘と、度胸と、はったりの材木屋と自己紹介してまいりましたが、
次回お逢いするおりは、大風呂敷を付け加えなきゃいけなくなりました。(/ー ̄;)

次回、お楽しみに!
山バカ二代目 柴原 薫

◆写真(国民総幸福論の国 ブータン紀行 その3)


nagiso | 木曽は山の中新聞 | 11:23 | - | - | - | - |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH