<< 新潟県上越市にカタクリの花と黄檗(キハダ)の木を見に来ております! | top | アーユルベーダーのパンチャカルマの体験してきました。 >>

自主上映の映画『1/4の奇跡』を観て(柴原薫)

6月23日(日)千葉県市川市の「風の谷保育園」
( http://kazenotanihoikuen.com/ )で、
自主上映の映画『1/4の奇跡』を観ました。
山元加津子さんという石川県の養護学校の先生が主演の映画でした。

アフリカのある国の村でマラリアが流行しました。
マラリアで人類が滅亡してしまうんじゃないかとなった時に、
マラリアにかからない人がいることがわかりました。

そこで科学者たちが調査をしたところ、
ふつうの人達の赤血球がドーナツ型をしているのに対して、
マラリアにかからない人達の赤血球は鎌型をした
鎌状赤血球が含まれていることがわかりました。

この鎌型赤血球の元の保持者は、知的障害者でありました。

神は、不必要なモノは(人も動物も植物も…全て)は創造しなかったと言われますが、
その方も人間が絶滅しないように特別な赤血球を持って産まれたのです。

山元加津子さんは、日本のマザーテレサであり、全身「愛」の人です。
映画に登場する村山和雄先生は、

「遺伝子は、人も木も植物も動物も、すべて最後に1つの遺伝子にたどり着く。
 海も川も空も宇宙もつながっている」

と言われます。

ぜひ、機会がありましたら、ご覧ください。
風の谷で観た人50人全員が涙を流した
生きる勇気を頂けた映画でした。
nagiso | - | 14:47 | - | - | - | - |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH