柴原薫「国民総幸福論の国 ブータン紀行 その1」

国民総人口 75万人
首都ティンプー10万人

九州と同じくらいの面積で年収が10〜20万円が平均にもかかわらず、
医療費は生涯全額無料、高校まで義務教育で授業料は無料。
野犬はゴロゴロ道に寝ているが車は、クラクション鳴らさず避けて通る。
国民総生産での、量や生産性やお金を求めるのではなく、

『足るを知る』国
ブータン王国

今あるモノに満足し、物質やお金より、
今在る、今生きられる。
しあわせ、に感謝しつつ生きている仏教国です。

国の収入は、隣国のインドに、
水力発電の電力を売っているのが主力です。

『バカの壁』の著者 養老孟司先生と5人での珍道中でした。

次号から思いがけないエピソードや、大風呂敷の話を書きます。

300号になり、読者の方々の、叱咤激励があってこそ、
続きました。ありがとうございます!

日本に林業の大切さと、携わる木材関係者の出口(消費先)を
暗中模索してきた20年ですが、
ようやく一寸先の光が見えてきたと感じる『今この時』です。

ご縁に心から感謝しつつ!
南木曽の柴原薫

◆写真(国民総幸福論の国 ブータン紀行 その1)

nagiso | 木曽は山の中新聞 | 10:57 | - | - | - | - |

柴原薫「オーリングテストをご存知ですか?」

9月5日、福岡県久留米市の下津浦内科医の下津浦康裕先生に
オーリングテストによる人間ドッグを受けて来ました。

オーリングとは?

二本の指でつくった(輪)オーリングを他の人が
力いっぱい引っ張っても開かないように固く閉じます。
ところが、もう一方の手を例えば灰皿にかざすと、
タバコの害が反映し、大した力を加えなくともオーリングは開いてしまいます。

自身の身体に合うモノを、自分の身体に問いかけるモノであり、
アメリカ始め、体の異常がすべてわかる画期的検査法を
創始した大村恵昭博士は特許を持たれてます。

薬も、何錠が良いか!?をオーリングした反対の手で、
2錠!3錠!と持ち直し、単純に支給された量でなく
自分の身体に聴くことが出来ます。

私は五年前に、大理石彫刻家の武藤順九さんの紹介で初めて、
下津浦内科医で、オーリングテストに寄る人間ドッグ受け、
普通の人間ドッグでは見つからなかった大腸歩リーフを見つけて頂きました。

今回は、ナント進化したオーリングテストで四年〜五年先に、
胆嚢・膵臓・肺の順番で異常きたすおそれが在ると診断されました。

また、オーリングテストで胆嚢に異常があり、
検査したら胆嚢に15ミリのポリーフが見つかりました。

薬で消すため、来月三泊くらいの予定で再度、下津浦内科医に行くことになります。
下津浦内科医は、そんなに大きくないのですがオーリングテスト協会の会長であり、
保険使って、下津浦先生がマンツーマンで四時間診てくれます。

支払いは、7400円+上下の肌着の一万円です。
肌着は写真のようにペンで下津浦先生が臓器とチェク印しをします。
何度となく利用しますから、肌着費用は一回だけです。

今の地元の病院は、患者診ること無く、検査結果のパソコン画面しか見ないでしょう。
下津浦先生はエコー検査も自身で腹触りながら診てくれ、密接診断してくれます。
武藤順九さんの紹介でもあり、作詞家の湯川れい子さんや
田岡由伎、福田純子さんの知人で、VIP待遇されたのかも知れませんが!?

まだまだ日本では知名度は低いですが、素晴らしいオーリングテストの紹介です。

柴原薫



nagiso | 木曽は山の中新聞 | 08:06 | - | - | - | - |

柴原薫「林業が再生すれば地方も蘇る 南木曽のアイデアマン その3」(Wedge 2016 9月号)

いつもありがとうございます。
今週もメールマガジン【木曽は山の中新聞 第298号】をお届けいたします。


少しでも多くの方に日本の森、林業、住宅業界について知っていただこうと思い、
ほぼ「木」の付く木曜日にメールマガジンを発行しております。
その他、おすすめイベントも紹介しております。

                南木曽木材産業(株) 柴原薫

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ 木曽は山の中新聞 第298号 【2016年09月08日(木)】
□■----------------------------------------------------------------
南木曽木材産業(株)柴原薫 http://nagiso.co.jp/

            ≪ 目次 ≫

[ 1 ] 柴原薫「林業が再生すれば地方も蘇る 南木曽のアイデアマン その3」(Wedge 2016 9月号)

[ 2 ]南木曽・山からの贈り物本舗「曲がったカーブが美しく、使いやすい万能木べら!」

★心を込めた木製品専門店
『南木曽・山からの贈り物本舗』 → http://nagiso.shop-pro.jp/
----------------------------------------------------------------

新幹線の中で販売され、グリーン車には置いてある
『ウェジ』という雑誌をご存知でしょうか?

8月20日発売のウェジに、サミット酒器の取材を受け、
日本林業について記事が出ました。
元日経新聞記者のライター磯山友幸さんの分かり易い記事です。
叱咤激励頂ければ倖いです。

ウェジは月に14万部発行され、
親会社はJR東海だと云うことも初めて知りました。
柴原薫

※先週配信の(その2)はこちら
http://blog.nagiso.co.jp/?day=20160901

※先々週配信の(その1)はこちら
http://blog.nagiso.co.jp/?day=20160825


[ 1 ] 柴原薫「林業が再生すれば地方も蘇る 南木曽のアイデアマン その3」(Wedge 2016 9月号)

「国産材の消費を増やす」

実は、柴原さんの南木曽木材の仕事はここ10年で激変した。
全国の神社仏閣の修理や再建用の木材を提供する仕事に特化しているのだ。

伊勢神宮で20年ごとに行われる遷宮では、社殿や鳥居、柱などを一新する。
鳥居には樹齢200年を越す巨木が必要になる。
最近増えている城の再建なども大きな木が不可欠になる。
そうした巨木は南木曽だけで賄えるわけではない。
全国の山を回って、巨木が売りに出ると買い付けにいく。
最近では年の半分以上を県外で過ごしている。

神社仏閣の再建には、このサイズの木が必要だという「需要」が明確なため、
一般の建材などと違って、価格で買いたたかれる心配は少ない。
付加価値を取った商売ができるわけだ。

「木材利用の本丸は何と言っても建築用です。
圧倒的に消費量も多い。だが、それを値段だけですべて外材にしてしまったら、
間違いなく日本の森は廃れます。しかし、建材需要だけでは不十分。
国産材の消費を何とかして増やさないと」と柴原さんは言う。

柴原さんは次なるプロジェクトをしかけている。
酒器が祝儀だったので、不祝儀で木を使う方法はないかと考えた。
結論は棺桶。今ではほとんどの棺桶が中国産などで占められている。
価格が安いからだ。

「最後、あの世に旅立つ時ぐらい、国産材の棺桶で行きましょうよ、
と訴えたい」と柴原さん。
一流のアーティストに斬新なデザインを依頼、これまでの棺桶の
イメージを一新する。葬儀の形に変えられるのではないか、とみている。
棺桶は火葬してしまうため、完全に「消費」する。
それをわざわざ輸入材で賄う必要はないだろう、というわけだ。
高い価格を受け入れてもらうためには「本物」の良さが滲み出るデザインや
質感が不可欠になる。

こうした小さな一歩一歩の積み重ねが、全国各地で大きなうねりになれば、
日本の林業はいつか復活する。柴原さんの信念は揺るがない。

《終わり》

[ 2 ]南木曽・山からの贈り物本舗「曲がったカーブが美しく、使いやすい万能木べら!」

★☆★新商品★☆★
◆おすすめ その1◆ 軽くて持ちやすい「ヒノキの角菜箸」
http://nagiso.shop-pro.jp/?pid=67245837

(お客様の声)
持ちやすくて滑らないさいばしです。 おうどんでも、何でも確実に挟めます。
「こんな、さいばしが、あれば!?」と普通の長さのひのき箸を使いながら思っていました(・ω・)
ちょっとしたお使いもの(粗品)にも、良くて差し上げた人もとても使い勝手が良くて、
香りも良いと喜ばれています。使って良くて、差し上げて喜ばれ、そんなさいばしです。広島県P様より

【サイズ】約33長
【材質】木曽ひのき
【製造・販売】南木曽木材産業(株)
※こちらの商品は、4膳までクロネコヤマトメール便(送料全国一律210円)での発送が可能です。


◆おすすめ その2◆ 麺類やパンの生地打ちにも使える「手こね寿司桶」
http://nagiso.shop-pro.jp/?pid=30530880

木曽さわらの厳選された柾目材のみを使用しております。
寿司ご飯を作るのに、木製(さわら)の寿司桶は、最適です。

その理由は・・・

1.吸水性が抜群
(炊き立ての寿司ご飯の水分を吸って、サラッとしあげてくれます。)
2.通気性が良く保温力が高い
(最初の味を落さないで長時間持たせます。)
3.耐水質性と、耐酸性が高い
(品質はいつまでも変わらず、耐久性もあります。)

(お客様の声)
この度は、優れものの木のグッズを贈り物にさせていただき、ありがとうございました。
結婚祝いにプレゼントした友人に昨夜無事届き、品質の良さに驚いていました。
そして、実家のほうでは、寿司桶もさることながら、まな板と美しいへらに感動が。
本当に素敵な商品を、ありがとうございます。
神奈川県O様より

◆おすすめ その3◆ 曲がったカーブが美しく、使いやすい万能木べら!
http://nagiso.shop-pro.jp/?pid=42099922

《お客様の声》
とても使いやすく、手になじむので気に入って使っています。
フライ返しのようについているカーブが美しく、
引き出しを開けると木べらが「私を選んでお料理してちょうだい!」
とささやくのでつい手にとってしまいます。
(娘が、デザインとはこうゆうもんだといつも言っていますが)
へらでありながら(普通、へらは平面ですが)、
このへらの特徴ともいえるカーブが鍋と木べらのなじみよくさせ、
底の平らなお鍋でも、中華なべでもその鍋のために作られたかと
錯覚してしまいます。

《材質》野球のバットにも使用される丈夫な"タモ"について
北海道、本州北・中部、また中国、シベリアにも分布します。
なかでも、北海道は産地としてよく知られ、その代表的な木材のひとつです。
木目は直通で美しく、家具、建具材、化粧単板など幅広い用途に使われます。
また、重硬且つ弾力性に富んだ性質のため、
バットやラケットなど運動用具としても重用されます。

★☆ご意見、アドバイスは、下記までお願いします。
【お便り】→ info@nagiso.co.jp

《お願い》
このメルマガを読んで気に入っていただけましたら、
お友達にぜひお勧めください。このメルマガを
転送していただければ、文末に登録フォームがございます。

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ 最後までお読みいただき、誠にありがとうございました!
□■----------------------------------------------------------------

◆◇ 【木曽は山の中新聞】発行◇◆

南木曽木材産業株式会社
南木曽建築株式会社

効率や採算性が重視される時代になっても、私たちは頑なに、
家づくりのすべてを提供しております。なぜなら、これが一番、
お客さまに安心していただけるからです。植林して、間伐し、
製材して、家を建てる。すでに私たちは五十年近く、同じことを
続けております。家は一生の財産。お客様の夢を、柱一本から
実現できることが、私たちの誇りです。

代表取締役 柴原 薫
info@nagiso.co.jp

[柴原のブログ] http://blog.nagiso.co.jp/

〒399-5302 長野県木曽郡南木曽町吾妻1187
TEL/0264-57-3044 FAX/0264-57-2006
www.nagiso.co.jp


■□----------------------------------------------------------------
□ 今後ともよろしくお願いいたします。
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
nagiso | 木曽は山の中新聞 | 10:25 | - | - | - | - |

柴原薫「林業が再生すれば地方も蘇る 南木曽のアイデアマン その2」(Wedge 2016 9月号)

いつもありがとうございます。
今週もメールマガジン【木曽は山の中新聞 第297号】をお届けいたします。


少しでも多くの方に日本の森、林業、住宅業界について知っていただこうと思い、
ほぼ「木」の付く木曜日にメールマガジンを発行しております。
その他、おすすめイベントも紹介しております。

                南木曽木材産業(株) 柴原薫

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ 木曽は山の中新聞 第297号 【2016年09月01日(木)】
□■----------------------------------------------------------------
南木曽木材産業(株)柴原薫 http://nagiso.co.jp/

            ≪ 目次 ≫

[ 1 ] 柴原薫「林業が再生すれば地方も蘇る 南木曽のアイデアマン その2」(Wedge 2016 9月号)

[ 2 ]南木曽・山からの贈り物本舗「曲がったカーブが美しく、使いやすい万能木べら!」

★心を込めた木製品専門店
『南木曽・山からの贈り物本舗』 → http://nagiso.shop-pro.jp/
----------------------------------------------------------------

新幹線の中で販売され、グリーン車には置いてある
『ウェジ』という雑誌をご存知でしょうか?

8月20日発売のウェジに、サミット酒器の取材を受け、
日本林業について記事が出ました。
元日経新聞記者のライター磯山友幸さんの分かり易い記事です。
叱咤激励頂ければ倖いです。

ウェジは月に14万部発行され、
親会社はJR東海だと云うことも初めて知りました。
柴原薫

※先週配信の(その1)はこちら
http://blog.nagiso.co.jp/?eid=1249523

[ 1 ] 柴原薫「林業が再生すれば地方も蘇る 南木曽のアイデアマン その2」(Wedge 2016 9月号)

「儲かる林業を模索」

南木曽木材は父の代から続く会社で、
もともとは山からヒノキを切り出す事業からスタートした。

その後、製材所を作って、建築用木材の販売に乗り出した。
同時に山を少しずつ手に入れ、植林事業にも参入した。
高度経済成長期の建築ラッシュの頃までは「木曽ヒノキ」は
建築用の銘木として引く手あまただった。

ところがその後、安い輸入材に押されて、
木の切り出しが激減する。
南木曽木材は「切り出し」から上流の植林、
下流の製材に事業範囲を広げることで、
より付加価値の高い事業を模索してきた。

だが、輸入住宅との競争は年々熾烈になる。
木材を売っているだけでは利益は出ない。
建築会社も作り、「木曽ヒノキの無垢の家」の注文建築を始めた。

さらに端材を生かすために、木工品を製造・販売する会社も作った。
木曽ヒノキのしゃもじなどがヒット商品になっている。
林業という一次産業から二次産業、三次産業へと拡大することで、
何とか採算を考えてきたわけだ。
最近はやりの農業の六次産業化の先取りである。

少しでも付加価値の高い製品を作りたい。
要は、「儲かる林業」を模索する実験のひとつとして、
サミット向けに酒器を開発したのだ。

高く売れる商品を作るには、徹底して「本物」にこだわる必要がある。
柴原さんの豊富な人脈が動き出した。
柴原さんが目を付けたのが、愛知県瀬戸市で木工ロクロの器を作っている井上重信さん。
旋盤に木を据えて回転させ、刃物を当てることで、削っていく。
「ロクロでこんなに薄く削れるのは、世界でもおそらく井上さんだけ」
だと柴原さんは言う。

手間とコストを惜しめば、最近では一般的になっている木の粉を
固めて成型するのが簡単だ。
だが、それでは木曽ヒノキの本当の良さが表れないと、
材木から削り出すことにした。
「いや、削り出して無駄になってしまう部分がかなり出るわけですが、
年輪の美しさが際立ちます」と井上さん。

サミットということで、最初はシャンパン用の器を木曽ヒノキで作ったが、
これも木材から削り出した。
シャンパンを木の器でというアイデアが飛躍的だったのか、
こちらは残念ながら採用にはならなかった。

井上さんが削り出した木地に塗装し、
今度はそれに漆を塗り、蒔絵を施す。
漆器の郷として知られる木曽平沢にアトリエを構える伝統工芸士の
深井さんに蒔絵を依頼した。
深井さんは復元が進む名古屋城本丸御殿の天井蒔絵を担当している地域の名工だ。
図柄はおめでたい吉祥松竹梅である。

サミットが終わって、この酒器を売り出すことにした。
伊勢で結婚式をプロデュースするボルボレッタの中澤よりこさんが
販売を一手に引き受け、限定100個を売り出した。
価格は一つ3万円(税別・送料別)だが、一つひとつ手作りのため
予想以上に製作に時間がかかっている。

酒器のような「小さな物」をいくら高く売っても、
それで林業が再生するわけではない。
だが、木で作った本物をきちんとした価格で買ってもらうことが、
その一歩につながると柴原さんは考えている。

《続きは次週へ「国産材の消費を増やす」》

[ 2 ]南木曽・山からの贈り物本舗「曲がったカーブが美しく、使いやすい万能木べら!」

★☆★新商品★☆★
◆おすすめ その1◆ 軽くて持ちやすい「ヒノキの角菜箸」
http://nagiso.shop-pro.jp/?pid=67245837

(お客様の声)
持ちやすくて滑らないさいばしです。 おうどんでも、何でも確実に挟めます。
「こんな、さいばしが、あれば!?」と普通の長さのひのき箸を使いながら思っていました(・ω・)
ちょっとしたお使いもの(粗品)にも、良くて差し上げた人もとても使い勝手が良くて、
香りも良いと喜ばれています。使って良くて、差し上げて喜ばれ、そんなさいばしです。広島県P様より

【サイズ】約33長
【材質】木曽ひのき
【製造・販売】南木曽木材産業(株)
※こちらの商品は、4膳までクロネコヤマトメール便(送料全国一律210円)での発送が可能です。


◆おすすめ その2◆ 麺類やパンの生地打ちにも使える「手こね寿司桶」
http://nagiso.shop-pro.jp/?pid=30530880

木曽さわらの厳選された柾目材のみを使用しております。
寿司ご飯を作るのに、木製(さわら)の寿司桶は、最適です。

その理由は・・・

1.吸水性が抜群
(炊き立ての寿司ご飯の水分を吸って、サラッとしあげてくれます。)
2.通気性が良く保温力が高い
(最初の味を落さないで長時間持たせます。)
3.耐水質性と、耐酸性が高い
(品質はいつまでも変わらず、耐久性もあります。)

(お客様の声)
この度は、優れものの木のグッズを贈り物にさせていただき、ありがとうございました。
結婚祝いにプレゼントした友人に昨夜無事届き、品質の良さに驚いていました。
そして、実家のほうでは、寿司桶もさることながら、まな板と美しいへらに感動が。
本当に素敵な商品を、ありがとうございます。
神奈川県O様より

◆おすすめ その3◆ 曲がったカーブが美しく、使いやすい万能木べら!
http://nagiso.shop-pro.jp/?pid=42099922

《お客様の声》
とても使いやすく、手になじむので気に入って使っています。
フライ返しのようについているカーブが美しく、
引き出しを開けると木べらが「私を選んでお料理してちょうだい!」
とささやくのでつい手にとってしまいます。
(娘が、デザインとはこうゆうもんだといつも言っていますが)
へらでありながら(普通、へらは平面ですが)、
このへらの特徴ともいえるカーブが鍋と木べらのなじみよくさせ、
底の平らなお鍋でも、中華なべでもその鍋のために作られたかと
錯覚してしまいます。

《材質》野球のバットにも使用される丈夫な"タモ"について
北海道、本州北・中部、また中国、シベリアにも分布します。
なかでも、北海道は産地としてよく知られ、その代表的な木材のひとつです。
木目は直通で美しく、家具、建具材、化粧単板など幅広い用途に使われます。
また、重硬且つ弾力性に富んだ性質のため、
バットやラケットなど運動用具としても重用されます。

★☆ご意見、アドバイスは、下記までお願いします。
【お便り】→ info@nagiso.co.jp

《お願い》
このメルマガを読んで気に入っていただけましたら、
お友達にぜひお勧めください。このメルマガを
転送していただければ、文末に登録フォームがございます。

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ 最後までお読みいただき、誠にありがとうございました!
□■----------------------------------------------------------------

◆◇ 【木曽は山の中新聞】発行◇◆

南木曽木材産業株式会社
南木曽建築株式会社

効率や採算性が重視される時代になっても、私たちは頑なに、
家づくりのすべてを提供しております。なぜなら、これが一番、
お客さまに安心していただけるからです。植林して、間伐し、
製材して、家を建てる。すでに私たちは五十年近く、同じことを
続けております。家は一生の財産。お客様の夢を、柱一本から
実現できることが、私たちの誇りです。

代表取締役 柴原 薫
info@nagiso.co.jp

[柴原のブログ] http://blog.nagiso.co.jp/

〒399-5302 長野県木曽郡南木曽町吾妻1187
TEL/0264-57-3044 FAX/0264-57-2006
www.nagiso.co.jp


■□----------------------------------------------------------------
□ 今後ともよろしくお願いいたします。
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
nagiso | 木曽は山の中新聞 | 05:32 | - | - | - | - |

柴原薫「林業が再生すれば地方も蘇る 南木曽のアイデアマン」(Wedge 2016 9月号)

いつもありがとうございます。
今週もメールマガジン【木曽は山の中新聞 第296号】をお届けいたします。


少しでも多くの方に日本の森、林業、住宅業界について知っていただこうと思い、
ほぼ「木」の付く木曜日にメールマガジンを発行しております。
その他、おすすめイベントも紹介しております。

                南木曽木材産業(株) 柴原薫

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ 木曽は山の中新聞 第296号 【2016年08月25日(木)】
□■----------------------------------------------------------------
南木曽木材産業(株)柴原薫 http://nagiso.co.jp/

            ≪ 目次 ≫

[ 1 ] 柴原薫「林業が再生すれば地方も蘇る 南木曽のアイデアマン その1」(Wedge 2016 9月号)

[ 2 ]南木曽・山からの贈り物本舗「曲がったカーブが美しく、使いやすい万能木べら!」

★心を込めた木製品専門店
『南木曽・山からの贈り物本舗』 → http://nagiso.shop-pro.jp/
----------------------------------------------------------------

新幹線の中で販売され、グリーン車には置いてある
『ウェジ』という雑誌をご存知でしょうか?

8月20日発売のウェジに、サミット酒器の取材を受け、
日本林業について記事が出ました。
元日経新聞記者のライター磯山友幸さんの分かり易い記事です。
叱咤激励頂ければ倖いです。

ウェジは月に14万部発行され、
親会社はJR東海だと云うことも初めて知りました。

柴原薫

[ 1 ] 柴原薫「林業が再生すれば地方も蘇る 南木曽のアイデアマン その1」(Wedge 2016 9月号)

林業が再生すれば地方も蘇る
南木曽のアイデアマン

伊勢志摩サミットで使用された木曽ヒノキ製の「酒器」。
これを仕掛けたのが南木曽で林業を営む柴原さんだ。
林業の再生が地方再生につながると、国産材の使用を増やす仕掛けを続ける。
(文:磯山友幸)

ーーー

今年5月に三重県で開催された伊勢志摩サミット。首脳が会議をしている間、
各国首脳の配偶者をもてなすプログラムが設けられ、安倍昭恵首相夫人が接遇役を務めた。

昼食では、三重県の食材をふんだんに使った料理が出されたが、
そのテーブルには一風変わった「酒器」が置かれていた。

樹齢350年の木曽ヒノキから一つひとつ削り出し、厚さ1ミリにまで削り込んだ木地に、
塗装をほどこし、蒔絵で和の伝統的な文様を描いた。
持つと驚くほど軽い。形は、円錐形が上下につながった、ちょうど砂時計のようなもの。

酒を注ぐ内側は塗装をしないヒノキの無垢で、年輪が独特の美しさを醸している。
それぞれの酒器には配偶者の名前が刻まれていた。

実はこの酒器がサミットで使われることになった背後には、
ひとりの仕掛け人がいた。柴原薫さん。
木曽ヒノキの森を縫って中山道の旧道が続く長野県南木曽町で、
南木曽木材産業という会社を営む。
すぐ近くには、今も江戸の街並みが残る妻籠宿がある。

「日本の林業は限界に来ています。
 50年の杉が1本300円、ヒノキで100円。
 切り出す手間費も、森を維持するために苗木を植える費用も出せません」

日本の林業を再興したいと考えてきた柴原さんが取り組んだのが
「サミット・プロジェクト」だったのである。

《続きは次週へ「儲かる林業を模索」》



[ 2 ]南木曽・山からの贈り物本舗「曲がったカーブが美しく、使いやすい万能木べら!」

★☆★新商品★☆★
◆おすすめ その1◆ 軽くて持ちやすい「ヒノキの角菜箸」
http://nagiso.shop-pro.jp/?pid=67245837

(お客様の声)
持ちやすくて滑らないさいばしです。 おうどんでも、何でも確実に挟めます。
「こんな、さいばしが、あれば!?」と普通の長さのひのき箸を使いながら思っていました(・ω・)
ちょっとしたお使いもの(粗品)にも、良くて差し上げた人もとても使い勝手が良くて、
香りも良いと喜ばれています。使って良くて、差し上げて喜ばれ、そんなさいばしです。広島県P様より

【サイズ】約33長
【材質】木曽ひのき
【製造・販売】南木曽木材産業(株)
※こちらの商品は、4膳までクロネコヤマトメール便(送料全国一律210円)での発送が可能です。


◆おすすめ その2◆ 麺類やパンの生地打ちにも使える「手こね寿司桶」
http://nagiso.shop-pro.jp/?pid=30530880

木曽さわらの厳選された柾目材のみを使用しております。
寿司ご飯を作るのに、木製(さわら)の寿司桶は、最適です。

その理由は・・・

1.吸水性が抜群
(炊き立ての寿司ご飯の水分を吸って、サラッとしあげてくれます。)
2.通気性が良く保温力が高い
(最初の味を落さないで長時間持たせます。)
3.耐水質性と、耐酸性が高い
(品質はいつまでも変わらず、耐久性もあります。)

(お客様の声)
この度は、優れものの木のグッズを贈り物にさせていただき、ありがとうございました。
結婚祝いにプレゼントした友人に昨夜無事届き、品質の良さに驚いていました。
そして、実家のほうでは、寿司桶もさることながら、まな板と美しいへらに感動が。
本当に素敵な商品を、ありがとうございます。
神奈川県O様より

◆おすすめ その3◆ 曲がったカーブが美しく、使いやすい万能木べら!
http://nagiso.shop-pro.jp/?pid=42099922

《お客様の声》
とても使いやすく、手になじむので気に入って使っています。
フライ返しのようについているカーブが美しく、
引き出しを開けると木べらが「私を選んでお料理してちょうだい!」
とささやくのでつい手にとってしまいます。
(娘が、デザインとはこうゆうもんだといつも言っていますが)
へらでありながら(普通、へらは平面ですが)、
このへらの特徴ともいえるカーブが鍋と木べらのなじみよくさせ、
底の平らなお鍋でも、中華なべでもその鍋のために作られたかと
錯覚してしまいます。

《材質》野球のバットにも使用される丈夫な"タモ"について
北海道、本州北・中部、また中国、シベリアにも分布します。
なかでも、北海道は産地としてよく知られ、その代表的な木材のひとつです。
木目は直通で美しく、家具、建具材、化粧単板など幅広い用途に使われます。
また、重硬且つ弾力性に富んだ性質のため、
バットやラケットなど運動用具としても重用されます。

★☆ご意見、アドバイスは、下記までお願いします。
【お便り】→ info@nagiso.co.jp

《お願い》
このメルマガを読んで気に入っていただけましたら、
お友達にぜひお勧めください。このメルマガを
転送していただければ、文末に登録フォームがございます。

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ 最後までお読みいただき、誠にありがとうございました!
□■----------------------------------------------------------------

◆◇ 【木曽は山の中新聞】発行◇◆

南木曽木材産業株式会社
南木曽建築株式会社

効率や採算性が重視される時代になっても、私たちは頑なに、
家づくりのすべてを提供しております。なぜなら、これが一番、
お客さまに安心していただけるからです。植林して、間伐し、
製材して、家を建てる。すでに私たちは五十年近く、同じことを
続けております。家は一生の財産。お客様の夢を、柱一本から
実現できることが、私たちの誇りです。

代表取締役 柴原 薫
info@nagiso.co.jp

[柴原のブログ] http://blog.nagiso.co.jp/

〒399-5302 長野県木曽郡南木曽町吾妻1187
TEL/0264-57-3044 FAX/0264-57-2006
www.nagiso.co.jp


■□----------------------------------------------------------------
□ 今後ともよろしくお願いいたします。
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
nagiso | 木曽は山の中新聞 | 11:53 | - | - | - | - |

柴原薫「『看取り士』ってご存知ですか?」

山梨県甲府で開かれた『看取り士ー柴田久美子講演会』に行ってきました。
旅立つ人の本当の気持ちを伝え、抱きしめて送る人ー看取り士です。

生きる意味や死の意味に気づいて、渡していく!
それが旅立ちと言われました。

長い人生を終え、その生きる力を今度は次の世代の者に渡す。
その場面は決して悲しい別れではなく、愛と喜びに満ちた瞬間です。
それが死なのだと思います。
(看取り士ー柴田久美子著。コスモ21発行所より)

私の母は他界する人より残る人=生き佛を大切に考えなさいとよく云います。
旅立ちの時に、家族はやり切ったと思うことは無いと感じます。
また、臨終に間に合わなかったと後悔する方もいらっしゃいます。
しかし、五時間後でも、見て受け取れる事は出来ますよと言われました。

今後、国が病院を増やさない方針の中、
年間に60万人が病院で死ねない状態となります。

認知症の父と小さな会話しながら、看取りを如何にするか!
父のエネルギーをその瞬間受け取れるか?!
佳い出逢いの場を与えていただきました。
ご興味ある方は、是非、新刊をお読み下さいませ。柴原薫


nagiso | 木曽は山の中新聞 | 11:43 | - | - | - | - |

柴原薫「富士山山頂登山 8月2日〜3日」

友人の奥様の健康回復の祈願に、
富士宮市浅間大社本宮と山頂の奥宮に行きました。

天照大神の孫と結婚した此花佐久夜毘売命
(このはなさくやひめのみこと)が祭られてます。

富士宮口から片道五時間、八合目の山小屋に宿泊し、
朝2時に御来光拝みに二時間登山し、
朝4時に山頂に着き、御来光待ちました!

6時に奥宮が開き、祈願しました。

ただただ、祈りました。
女神が聞き届けて頂けると信じます。
合掌



nagiso | 木曽は山の中新聞 | 07:58 | - | - | - | - |

ちょっといい話『誰もがギブできるものとは、何か?・・・新刊「「いいこと」を引き寄せるギブ&ギブの法則」』志賀内泰弘

いつもありがとうございます。
今週もメールマガジン【木曽は山の中新聞 第293号】をお届けいたします。


少しでも多くの方に日本の森、林業、住宅業界について知っていただこうと思い、
ほぼ「木」の付く木曜日にメールマガジンを発行しております。
その他、おすすめイベントも紹介しております。

                南木曽木材産業(株) 柴原薫

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ 木曽は山の中新聞 第293号 【2016年07月28日(木)】
□■----------------------------------------------------------------
南木曽木材産業(株)柴原薫 http://nagiso.co.jp/

            ≪ 目次 ≫

[ 1 ] ちょっといい話『誰もがギブできるものとは、何か?
・・・新刊「「いいこと」を引き寄せるギブ&ギブの法則」』志賀内泰弘

[ 2 ]南木曽・山からの贈り物本舗「曲がったカーブが美しく、使いやすい万能木べら!」

★心を込めた木製品専門店
『南木曽・山からの贈り物本舗』 → http://nagiso.shop-pro.jp/
----------------------------------------------------------------

先週に続き心友の志賀内泰弘さんの新刊を、紹介します。
私は読み終えた感想として『だけどね・・・』と言う言葉が出ちゃいました。

志賀内さんは、奥様のガンが発覚し五年目に入り、
日々、己自身の『我』と奥様の『素直』と戦いながら書き上げました。

下記は、私の座右銘です。
「霜に打たれた柿の味
 辛苦に耐えた人の味」

試練を味わってこそ、深み在る人間になれるんだと思います。
涙流した事在る人間でなければ徳は生まれませんね。

宮本武蔵は、三年を持って『鍛』であり、
三十年を持って『錬』となると五輪書に書いております。
志賀内さんも、私も、まだまだ『修行』『鍛錬』が続きます!
独りよがりも、ウツも、家庭不和も経験し、
それでも生きてれば佳いことが在ることを知りました!

『人間万事塞翁が馬』

私のメルマガも、もう直ぐ、300号になります。
それを記念し、先着30人に、この新刊プレゼントします。

ご希望の方は、
ーーーーー
郵便番号
住所
名前
ーーーーー
を下記アドレスに送って下さい。

kao@nagiso.co.jp

名前は公表しません。発送をもって!
柴原薫

[ 1 ] ちょっといい話『誰もがギブできるものとは、何か?
・・・新刊「「いいこと」を引き寄せるギブ&ギブの法則」』志賀内泰弘

ーーーーーーーーーーー
「「いいこと」を引き寄せるギブ&ギブの法則」PHP研究所
◆全国の書店さんには、7月21日頃、並ぶ予定です。
※すでにAmazonでも購入できます。「ギブ&ギブの法則」で検索
ーーーーーーーーーーー

おかげさまで、新刊「「いいこと」を引き寄せるギブ&ギブの法則」(PHP研究所)が
発売になりました。自己啓発ビジネス小説です。
タイトルの通り、「ギブアンドギブ」がテーマです。
 
「ギブアンドギブ」と言われても、いったい何をギブしたら良いのか。
自分には、何を人にギブできるものがあるのか。

その「答え」を、小説の中に登場する禅宗の住職タルシルの言葉を借りて、
こんなエピソードとして説明しました。

     *     *     *     *

タルシルは、ハッと思い出したかのように、阿弥陀如来を見つめつつ語り始めた。

「拙者が、中東の各地を旅していた時のことでゴザル……。
 ある国でカバンを盗まれてしまったでゴザル。
 その中には、パスポートも財布も入っており、困り果てました。
 僻地で大使館まで行くバス賃さえもないのデス。
 昼間は灼熱、夜になると凍えるほど気温が下がります。野宿は、死に至る恐れもある。
 ふと見ると、あばら家の前にホームレスが座り込んで物乞いをしていマシタ。
 その若者は右の手足がありませんでした。おそらく、戦争で失くしたのでしょう。
 肺炎にでも罹っているのか、胸を押さえて咳をしている。
『ああ、私も、あのようにここでホームレスになるのか』と思ったその時デシタ。
 目の前に1台の車が停まったのデス。ロールスロイスでした。
 後部座席から、いかにもお金持ちと思われる50代の男性が出て来て、
 ホームレスの若者に声をかけ、車に運び込んだのデス。
 キョトンとしていると、そのお金持ちは拙者にも声をかけてくれマシタ。
 事情を話すと、『大使館まで送ろう』と言い、拙者も車に乗せてくれたのでゴザル」

話に引き込まれ、誰もが知らぬ間にアラブの砂漠の町にいるような思いになっていた。

「途中、大金持ちは病院に行き、ホームレスに診察を受けさせ、
 充分なお金を病院の先生に手渡したのデス。
 拙者が『素晴らしいですね』と褒め称えると、彼は厳しい顔つきで
『あなたは、ホームレスになにかしてあげたか』と言うのです。
『いえいえ、拙者は財布を取られ、援助したくても叶わないのだ』と答えマシタ。
すると、それまで穏やかだった男性は、急に『いいや、そんなことはないはずだ!』
と不機嫌になったのデス。拙者は、反発しました。
『あなたはお金持ちだから、そういうことが言えるのだと』と。
すると、『いいですか。あのホームレスの若者には片方の手足がないが、あなたにはある。
汗を拭いてやることも、背中を搔いてやることもできる。彼よりも元気そうに見える。
彼の代わりに大声で、物乞いをしてやることだってできるはずだ』と諭されたのデス。
その時、その大金持ちからアラブに伝わることわざを教えてもらいました。
それは、『もしも、あなたがたくさん持っていたら富を与えなさい。
あまり持っていなかったら、心を与えなさい』というものでした。
拙者は本当に恥ずかしくなり、小さくなってしまったでゴザル」
「……」
権作、松重の爺さん、金子の爺さん……、その場にいる年寄り連中は
真剣な面持ちで黙り込んでしまった。しかし、それはタルシルへの反発からではないことは
一目瞭然だった。おのおのが自分の歩んできた人生を振り返っていたのだった。

「そうなのでゴザル。拙者と同じように、みなさんにも無償でギブできるものが
 たくさんあるはずなのでゴザル。それも、無限大に! これは仏教の教えですが、
『無財の七施』というものをご存じでショウカ」

そう言うとタルシルは、チョークを手に取り、
黒板にカタカタと音を立てて書き始めた。

「無財の七施」
一、眼施……優しい目で人に接すること
二、和顔悦色施……柔和な顔と喜びの顔を施すこと
三、言辞施……おもいやりの言葉を掛けること
四、身施……身体を使って人の役に立つこと
五、心施……細やかな心遣いをすること
六、牀座施……困っている人に席を譲ること
七、房舎施……旅人に宿舎を提供すること

手についたチョークの粉を気にも留めず、タルシルは説法を続けた。

「これは、『雑宝蔵経』という仏教の経文にある教えデス。
 美咲殿が先ほど話された、左利きのお客様の話は実に素晴らしい『心施』のお手本ですね。
 いかがでゴザル? ギブアンドギブできるものは、無限大に存在することがおわかりかと存ズル」

松重の爺さんが、身を乗り出して尋ねた。いつしか、一番熱が入っているかのように見えた。
その態度の変わりようにはみんなが驚く。

「目つきとか笑顔とか、言葉とか……一言で言やあ、『思いやり』ってことじゃな」
「その通りでゴザル。目の前の人に、できうるかぎりの『思いやり』を尽くすのデス」

     *     *     *     *

もし、かないましたら、
新刊「「いいこと」を引き寄せるギブ&ギブの法則」PHP研究所
をお読みいただけたら、この上ない幸せです。
上記のエピソードをコピーしていただいてもかまいません。
フェイスブックなどで、お仲間にも伝えていただけたら嬉しいです。

上記のエピソードも含めた無料試読版を
ここからダウンロードできます。
http://www.giveandgive.com/news/2016-07-15.html

ーーーーーーーーーーー
「「いいこと」を引き寄せるギブ&ギブの法則」PHP研究所
◆全国の書店さんには、7月21日頃、並ぶ予定です。
※すでにAmazonでも購入できます。「ギブ&ギブの法則」で検索
ーーーーーーーーーーー


[ 2 ]南木曽・山からの贈り物本舗「曲がったカーブが美しく、使いやすい万能木べら!」

★☆★新商品★☆★
◆おすすめ その1◆ 軽くて持ちやすい「ヒノキの角菜箸」
http://nagiso.shop-pro.jp/?pid=67245837

(お客様の声)
持ちやすくて滑らないさいばしです。 おうどんでも、何でも確実に挟めます。
「こんな、さいばしが、あれば!?」と普通の長さのひのき箸を使いながら思っていました(・ω・)
ちょっとしたお使いもの(粗品)にも、良くて差し上げた人もとても使い勝手が良くて、
香りも良いと喜ばれています。使って良くて、差し上げて喜ばれ、そんなさいばしです。広島県P様より

【サイズ】約33長
【材質】木曽ひのき
【製造・販売】南木曽木材産業(株)
※こちらの商品は、4膳までクロネコヤマトメール便(送料全国一律210円)での発送が可能です。


◆おすすめ その2◆ 麺類やパンの生地打ちにも使える「手こね寿司桶」
http://nagiso.shop-pro.jp/?pid=30530880

木曽さわらの厳選された柾目材のみを使用しております。
寿司ご飯を作るのに、木製(さわら)の寿司桶は、最適です。

その理由は・・・

1.吸水性が抜群
(炊き立ての寿司ご飯の水分を吸って、サラッとしあげてくれます。)
2.通気性が良く保温力が高い
(最初の味を落さないで長時間持たせます。)
3.耐水質性と、耐酸性が高い
(品質はいつまでも変わらず、耐久性もあります。)

(お客様の声)
この度は、優れものの木のグッズを贈り物にさせていただき、ありがとうございました。
結婚祝いにプレゼントした友人に昨夜無事届き、品質の良さに驚いていました。
そして、実家のほうでは、寿司桶もさることながら、まな板と美しいへらに感動が。
本当に素敵な商品を、ありがとうございます。
神奈川県O様より

◆おすすめ その3◆ 曲がったカーブが美しく、使いやすい万能木べら!
http://nagiso.shop-pro.jp/?pid=42099922

《お客様の声》
とても使いやすく、手になじむので気に入って使っています。
フライ返しのようについているカーブが美しく、
引き出しを開けると木べらが「私を選んでお料理してちょうだい!」
とささやくのでつい手にとってしまいます。
(娘が、デザインとはこうゆうもんだといつも言っていますが)
へらでありながら(普通、へらは平面ですが)、
このへらの特徴ともいえるカーブが鍋と木べらのなじみよくさせ、
底の平らなお鍋でも、中華なべでもその鍋のために作られたかと
錯覚してしまいます。

《材質》野球のバットにも使用される丈夫な"タモ"について
北海道、本州北・中部、また中国、シベリアにも分布します。
なかでも、北海道は産地としてよく知られ、その代表的な木材のひとつです。
木目は直通で美しく、家具、建具材、化粧単板など幅広い用途に使われます。
また、重硬且つ弾力性に富んだ性質のため、
バットやラケットなど運動用具としても重用されます。

★☆ご意見、アドバイスは、下記までお願いします。
【お便り】→ info@nagiso.co.jp

《お願い》
このメルマガを読んで気に入っていただけましたら、
お友達にぜひお勧めください。このメルマガを
転送していただければ、文末に登録フォームがございます。

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ 最後までお読みいただき、誠にありがとうございました!
□■----------------------------------------------------------------

◆◇ 【木曽は山の中新聞】発行◇◆

南木曽木材産業株式会社
南木曽建築株式会社

効率や採算性が重視される時代になっても、私たちは頑なに、
家づくりのすべてを提供しております。なぜなら、これが一番、
お客さまに安心していただけるからです。植林して、間伐し、
製材して、家を建てる。すでに私たちは五十年近く、同じことを
続けております。家は一生の財産。お客様の夢を、柱一本から
実現できることが、私たちの誇りです。

代表取締役 柴原 薫
info@nagiso.co.jp

[柴原のブログ] http://blog.nagiso.co.jp/

〒399-5302 長野県木曽郡南木曽町吾妻1187
TEL/0264-57-3044 FAX/0264-57-2006
www.nagiso.co.jp


■□----------------------------------------------------------------
□ 今後ともよろしくお願いいたします。
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
nagiso | - | 10:03 | - | - | - | - |

志賀内泰弘『新刊のテーマは「ギブアンドギブ」・・・「「いいこと」を引き寄せるギブ&ギブの法則」PHP研究所』

いつもありがとうございます。
今週もメールマガジン【木曽は山の中新聞 第292号】をお届けいたします。


少しでも多くの方に日本の森、林業、住宅業界について知っていただこうと思い、
ほぼ「木」の付く木曜日にメールマガジンを発行しております。
その他、おすすめイベントも紹介しております。

                南木曽木材産業(株) 柴原薫

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ 木曽は山の中新聞 第292号 【2016年07月21日(木)】
□■----------------------------------------------------------------
南木曽木材産業(株)柴原薫 http://nagiso.co.jp/

            ≪ 目次 ≫

[ 1 ] 志賀内泰弘『新刊のテーマは「ギブアンドギブ」・・・「「いいこと」を引き寄せるギブ&ギブの法則」PHP研究所』

[ 2 ]南木曽・山からの贈り物本舗「曲がったカーブが美しく、使いやすい万能木べら!」

★心を込めた木製品専門店
『南木曽・山からの贈り物本舗』 → http://nagiso.shop-pro.jp/
----------------------------------------------------------------

私は元仏教大学の小島康誉客員教授に、
『忙中歓』と云う言葉を教わりました!

多用の中にこそ、充実した生きがいがあり、直感力も冴え、
歓びが存在することを体感しております!

今回、ご紹介する志賀内康弘さんは、まさに『忙中歓』であり、
多用の中に生きる力を見出してきました。

彼とは、近藤昌平さんが主宰する、異業種交流会「VAVクラブ」で
20年前に知り合い意気投合した、心友です。

彼は4年半前から、奥様のガン治療を共に支え、
自らの大病も克服しながら20冊以上の本を執筆してきました。
その集大成の新刊が発売されます。

新しい時代の本物の生き方の指針として、
是非ともご購入して読んで頂ければ倖いです。
柴原薫

[ 1 ] 志賀内泰弘『新刊のテーマは「ギブアンドギブ」・・・「「いいこと」を引き寄せるギブ&ギブの法則」PHP研究所』

ーーーーーーーーーーー
「「いいこと」を引き寄せるギブ&ギブの法則」PHP研究所
◆全国の書店さんには、7月21日頃、並ぶ予定です。
※すでにAmazonでも購入できます。「ギブ&ギブの法則」で検索
ーーーーーーーーーーー

今度の新刊は、自己啓発ビジネス小説です。
拙著「なぜ「そうじ」をすると人生が変わるの?」ダイヤモンド社
「なぜ、あの人の周りに人が集まるのか?」PHP研究所
と同様の、感動のサクセスストーリーです。
 
○舞台は愛知県の知多半島の先っぽに浮かぶ「多賀良島」(架空の島)。
以前は観光客で賑わい栄えた島でした。
ところが今は・・・「限界集落島」となり、
市長から島ごと「リストラ」されそうになっていました。

○そんな島に、放浪の画家・山下清のように腹を空かせ
ボロボロの僧衣をまとったお坊さんが、住職としてやって来ます。
それは、謎?の外国人・タルシルでした。
「多賀良島しあわせホテル」の若女将・風見美咲は、
タルシルからホテルが再び繁盛する方法、
さらに多賀良島が昔のように賑わいを取り戻すための
「教え」を伝授されます。
それは、禅語「放てば手に満てり」でした。
英訳すると、「ギブアンドギブ」!

○美咲は、心を痛めたお客様に「最高のおもてなし」をして、
ファンを増やしていきます。自分のホテルだけでなく、
懸命に島人たちの心を動かし、やがて・・・多賀良島に奇跡が・・・。

という物語です。

「ギブアンドギブ」を実践すれば、誰もが幸せになれる。
個人や企業だけでなく、「日本全体の再生」も、
「ギブアンドギブ」の力で可能であることを説きました。


昨年の2月のことでした。
この本の企画を、編集者のOさんに話したのは。
その後、企画が通って、細かなプロットが出来上がったのが、8月初め。
お盆休みから書き始めて、ようやく脱稿したのが10月でした。

ところが、です。
編集者のOさんから指摘が。
「こんな長い小説は、買ってもらえません」
ものすごく力を入れて書きました。
20年近く、志賀内が講演会でテーマにしてきた「ギブアンドギブ」のお話だからです。
本当は、それこそ10巻くらいのシリーズにしたいくらい。
それを、簡略化して書いたにもかかわらず、まだ長い。

それから、3度にわたり、
「まだ、長いです」
「あと、10ページ」
という具合に、削って削って、ブラッシュアップして完成しました。

生みの苦しみというのでしょうか。
一行、一句削るのも辛い。
でも、削ることで、真に大切なことだけが浮かび上がりました。

志賀内は、本を買う時、最初に「あとがき」が読みます。
ということで、新刊の「あとがきに代えて」の全文を紹介させていただきます。


   *   *   *   *

「あとがきに代えて」


本書は、フィクションです。
しかし、ここに登場するエピソードは、
すべて実話(ノンフィクション)をベースにしています。

例えば、「左利き」の家族の話は、東京の目黒雅叙園の有名な中華レストラン「旬遊紀」で、
実際にあった感動の「おもてなし」が基になっています。
耳の不自由なお客様の話は、東日本大震災での実話、上司の心無い一言で傷ついた女性の話は、
著者がサラリーマン時代に体験した話が基になっています。テニスの壁打ちの練習の話しかり。

「ぐるりの教え」は、中国の少数民族「客家」に伝わる成功の秘訣を言い換えたものです。
「客家」は、小平などの偉大な政治家や世界中に広がる大富豪の華僑を
輩出していることで知られています。さらに、「宿代はお客様が決める」という温泉宿も、
本当に愛知県に存在しています。

世の中の「成功者」と「そうでない人」、
あるいは「幸福な人」と「不幸せな人」の差はどこにあるのか。

それは、ズバリ! 「ギブアンドギブ」を実践しているか否かにあります。
「あの人は、強欲でモラルも低いのに成功している」と疑問を呈する方もいるでしょう。
しかし、それは一時的に上手くいっているに過ぎません。
一時的に「成功」しているかに見えても、それは長続きしませんし、
よく新聞やテレビを賑わすようなトラブルに遭って消えていきます。

本書でも、数々の名言・至言を掲げて「ギブアンドギブ」の同義語を紹介しましたが、
古今東西の賢人・偉人や宗教家たちが、「ギブアンドギブ」こそが人の道の真理であることを説いています。

私たち日本人も、幼い頃から「情けは人のためならず」ということわざで、
両親や先輩から教えられてきました。そうなのです。
誰もが「ギブアンドギブ」こそが、成功するために最も必要なこととすでに知っているのです。
知ってはいるのに、なぜ、「ギブアンドギブ」を実践できないのか。
相田みつを先生の最も有名な詩が、その理由を如実に表しています。
「にんげんだもの」
と。人間には、「欲」が付き物です。
「ギブアンドギブ」って言われても、「テイク」したいに決まっています。

ある企業家団体で講演させていただいた時、年配の経営者から言われました。
「ギブアンドギブが大切なことはわかったよ。でも、月末の手形を落とすことで頭がいっぱいなんだ。
与えて、与えて、見返りを期待しないなんてできやしないよ。早く、テイクが欲しい」
なんと正直な方かと、かえって感服してしまいました。
誰もが、早く「利益」を手にしたいのは当たり前ですよね。
よく理解できます。

しかし、真に成功している人たちは、「ギブアンドギブ」の実践者なのです。
もちろん、人間ですから、「ギブアンドギブ」の無限大というわけにはいきません。
でも、少なくとも、「テイク」を少しでも先送りしようと努めているのです。

今日は、ギブ・アンド・ギブ・アンド・テイクだったけれど、
明日は、ギブ・アンド・ギブ・アンド・ギブ・アンド・テイクで頑張ろう……という具合に、
目先の「利益」に惑わされず、遠くの「利益」を大切にしようと努めているのです。

「ギブアンドギブ」のパワーは、けっして夢物語ではありません。
今まで、数々の成功者や、「私は幸せだ」と言い切る人を取材してきましたが、
どの人にも共通するのが「ギブアンドギブ」という「生き方」でした。

スターウォーズに準えれば、「フォース」の力とでも言えるでしょう。
ぜひ、「ギブアンドギブ」の「フォース」を今、この瞬間から、身に付けていただけたら幸いです。
「ギブアンドギブ」の実践で、みなさんが、「幸せですか?」と問われた時、
「私は幸せです!」と即答できるようになれることを心からお祈りしています。


ーーーーーーーーーーー
「「いいこと」を引き寄せるギブ&ギブの法則」PHP研究所
◆全国の書店さんには、7月21日頃、並ぶ予定です。
※すでにAmazonでも購入できます。「ギブ&ギブの法則」で検索
ーーーーーーーーーーー


[ 2 ]南木曽・山からの贈り物本舗「曲がったカーブが美しく、使いやすい万能木べら!」

★☆★新商品★☆★
◆おすすめ その1◆ 軽くて持ちやすい「ヒノキの角菜箸」
http://nagiso.shop-pro.jp/?pid=67245837

(お客様の声)
持ちやすくて滑らないさいばしです。 おうどんでも、何でも確実に挟めます。
「こんな、さいばしが、あれば!?」と普通の長さのひのき箸を使いながら思っていました(・ω・)
ちょっとしたお使いもの(粗品)にも、良くて差し上げた人もとても使い勝手が良くて、
香りも良いと喜ばれています。使って良くて、差し上げて喜ばれ、そんなさいばしです。広島県P様より

【サイズ】約33長
【材質】木曽ひのき
【製造・販売】南木曽木材産業(株)
※こちらの商品は、4膳までクロネコヤマトメール便(送料全国一律210円)での発送が可能です。


◆おすすめ その2◆ 麺類やパンの生地打ちにも使える「手こね寿司桶」
http://nagiso.shop-pro.jp/?pid=30530880

木曽さわらの厳選された柾目材のみを使用しております。
寿司ご飯を作るのに、木製(さわら)の寿司桶は、最適です。

その理由は・・・

1.吸水性が抜群
(炊き立ての寿司ご飯の水分を吸って、サラッとしあげてくれます。)
2.通気性が良く保温力が高い
(最初の味を落さないで長時間持たせます。)
3.耐水質性と、耐酸性が高い
(品質はいつまでも変わらず、耐久性もあります。)

(お客様の声)
この度は、優れものの木のグッズを贈り物にさせていただき、ありがとうございました。
結婚祝いにプレゼントした友人に昨夜無事届き、品質の良さに驚いていました。
そして、実家のほうでは、寿司桶もさることながら、まな板と美しいへらに感動が。
本当に素敵な商品を、ありがとうございます。
神奈川県O様より

◆おすすめ その3◆ 曲がったカーブが美しく、使いやすい万能木べら!
http://nagiso.shop-pro.jp/?pid=42099922

《お客様の声》
とても使いやすく、手になじむので気に入って使っています。
フライ返しのようについているカーブが美しく、
引き出しを開けると木べらが「私を選んでお料理してちょうだい!」
とささやくのでつい手にとってしまいます。
(娘が、デザインとはこうゆうもんだといつも言っていますが)
へらでありながら(普通、へらは平面ですが)、
このへらの特徴ともいえるカーブが鍋と木べらのなじみよくさせ、
底の平らなお鍋でも、中華なべでもその鍋のために作られたかと
錯覚してしまいます。

《材質》野球のバットにも使用される丈夫な"タモ"について
北海道、本州北・中部、また中国、シベリアにも分布します。
なかでも、北海道は産地としてよく知られ、その代表的な木材のひとつです。
木目は直通で美しく、家具、建具材、化粧単板など幅広い用途に使われます。
また、重硬且つ弾力性に富んだ性質のため、
バットやラケットなど運動用具としても重用されます。

★☆ご意見、アドバイスは、下記までお願いします。
【お便り】→ info@nagiso.co.jp

《お願い》
このメルマガを読んで気に入っていただけましたら、
お友達にぜひお勧めください。このメルマガを
転送していただければ、文末に登録フォームがございます。

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□ 最後までお読みいただき、誠にありがとうございました!
□■----------------------------------------------------------------

◆◇ 【木曽は山の中新聞】発行◇◆

南木曽木材産業株式会社
南木曽建築株式会社

効率や採算性が重視される時代になっても、私たちは頑なに、
家づくりのすべてを提供しております。なぜなら、これが一番、
お客さまに安心していただけるからです。植林して、間伐し、
製材して、家を建てる。すでに私たちは五十年近く、同じことを
続けております。家は一生の財産。お客様の夢を、柱一本から
実現できることが、私たちの誇りです。

代表取締役 柴原 薫
info@nagiso.co.jp

[柴原のブログ] http://blog.nagiso.co.jp/

〒399-5302 長野県木曽郡南木曽町吾妻1187
TEL/0264-57-3044 FAX/0264-57-2006
www.nagiso.co.jp


■□----------------------------------------------------------------
□ 今後ともよろしくお願いいたします。
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
nagiso | 木曽は山の中新聞 | 09:59 | - | - | - | - |

『スギ・ヒノキ本格的伐採期 有効活用へ需要開拓』(2016/5/22日本経済新聞 朝刊)

私の父親は、83歳の日本一の山バカです。
二年半前から認知症となったが、今でも山に行くと
「心が豊かになる!」と言う。

持ち山がゼロから450haの所有者となり、全ての山を自身で手入れし、
今では誰も購入しない山林を買ってきた!

林業は国土保全・保水の役割があることは言うまでもなく、
循環型を目指すべく伐採後、植林を過去の先輩諸子は行ってきました。

大学の先生・政治家・行政マン・設計士のほとんどが、山奥に植林した事も無く、
夏場に下草を刈った事も無く、林業の将来を語る、責任をとらないペテン師である。
なぜなら、下記の記事も現場知らない評論家で情けない限りです。

記事の中にある「早生樹」とは年輪あらく、成長早い樹の事です。
年輪あらいと木が製品となった時に動き易くソリや割れがきやすい。
遺伝子組み換えの林業は自然の摂理に反する!
(早生樹が遺伝子組み換えはさだかでは無いが)

国土保全の為にはしっかり根を張り、水を蓄え、年輪の緻密な美しい、
耐用年数の長い製品(柱・家具・まな板等)造りをしてこそ、
本来の山造りかと思います。

そして、後継者にも
『魅力的な』木材生産を目指し、林業経営をキチンと
バトンタッチ出来る市場を拓かねばならない。

一度でも奥山に植林し、夏場に下草を刈った経験者は、
汗の流れと先駆者の偉大さに畏敬の念を抱き、ただ感謝、合掌する!

国の方向を決める方々には、林業だけでなく現場を知り、
経験した方に語って頂きたいと、記事を拝読しました。(柴原薫)

◆写真は沼津市の120haの山に行った両親の写真です。

『スギ・ヒノキ本格的伐採期 有効活用へ需要開拓』(2016/5/22日本経済新聞 朝刊)

スギやヒノキの人工林が本格的な伐採期を迎え、その有効活用は政策的にも喫緊の課題だ。
林野庁は今月、中長期的な林業のあり方を示した「森林・林業基本計画」の改定案をまとめた。

公共建築物や発電・熱利用などへの需要を開拓し、現在は3割程度にとどまる木材自給率を
2025年に5割超に高めることを目指す。計画案をまとめた東京大学の鮫島正浩教授は
「緑の循環を回し、地域に利益が還元される仕組みをつくり上げていくことが重要だ」と話す。

計画案は今後の森林整備の方向性として早生樹の活用、荒廃農地への植林にも言及した。
これまでスギやヒノキの人工林の育成一辺倒できたなか、
新たな森林のあり方を模索する作業は緒に就いたばかりだ。


nagiso | - | 05:39 | - | - | - | - |
1/29PAGES | >> |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH